2016年06月23日

炊き合わせ


実は活字が好きな松之山温泉 和泉屋の宿六です。


こんばんは。


最近は向かうとすぐに眠くなりますが(笑)



さて。

当館の本日の炊き合わせ。





煮物にもいろいろありますが…

煮しめ、煮付け、煮浸し、含め煮あたりは

ご家庭でも食卓に上がると思います。


しかーし、

炊き合わせ、煮合わせとなると

なかなか一般のご家庭の食卓に出てくることはないのではないでしょう。

否定の連続って叱られそう(笑)


炊き合わせは食材ごとに煮ます。

味付けも時間も食材ごとに違います。

とても手間のかかる料理ですよね(^^)


そしてこの一皿のなかに、

先人の知恵が凝縮されています。

手前の身欠にしん、ゼンマイ、高野豆腐。

そう、保存食ですね。

雪に閉ざされ、まさに陸の孤島となる雪国では、

身欠にしんや塩引鮭は貴重なタンパク源でした。

高野豆腐、凍み豆腐もしかり。

ゼンマイもずっと保存のきく食材です。


一見地味な料理ですが、

かつて、にしんなどは貴重な食材であり、

たとえば正月などに食べるハレの料理でもあるのです。


なーんて偉そうな解説をしていますが(^^;

もはや我々の世代ですら、

煮物の蓋をとってそんなことを思う人は少ないでしょう。

子供たちに伝えていかなければ…ですね(^^;



本日の松之山温泉は雨。

まとまった雨でした。


あちゃ。




同じカテゴリー(山の幸)の記事画像
鯉こく
タケノコの瓶詰め
夏野菜が出始めました!
ぜんまい
ミョウガタケ
ミズ
同じカテゴリー(山の幸)の記事
 鯉こく (2016-06-26 21:13)
 タケノコの瓶詰め (2016-06-24 20:18)
 夏野菜が出始めました! (2016-06-21 18:02)
 ぜんまい (2016-06-15 18:46)
 ミョウガタケ (2016-06-08 18:15)
 ミズ (2016-06-03 18:54)

Posted by 松之山温泉 和泉屋 at 18:50│Comments(2)山の幸
この記事へのコメント
プロとしての仕事とは、手間と時間をたっぷりとかけることです。そこに誇りをもてなくては良い仕事はできません。一朝一夕で身につくものではありません。
料理修行というのをバカにする傾向にある現代ですが、本物を学ぶと、本物の料理を作ることができます。それが結果としてお客様を喜ばせるのです。
貴館は良い仕事をしていますね(^o^)
Posted by 越後OYAJI越後OYAJI at 2016年06月25日 08:06
ありがとうございます。

オラもそうですが、蓋のある料理は手を付けづらい傾向になりますね。
でも、煮物は皆さんに召し上がっていただいています。
ありがたいことですね(^^)
Posted by 松之山温泉 和泉屋松之山温泉 和泉屋 at 2016年06月25日 18:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。